司法制度、ボロボロじゃありません? 裁判員制度は失敗するわ、法科大学院は失敗するわ。最近、裁判所自体が、憲法違反していいと思ってるみたいですしね。

2017年08月22日

無痛分娩めぐる損賠訴訟 医院側争う姿勢 京都地裁で第一回口頭

 出産時に麻酔で痛みを和らげる「無痛分娩(ぶんべん)」で麻酔ミスにより母子ともに重度の障害を負ったとして、ロシア人の元大学准教授、エブセエバ・エレナさん(40)と日本人の大学教授の夫(55)らが、京都府京田辺市の医院「ふるき産婦人科」に計約9億4千万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が22日、京都地裁(久保田浩史裁判長)で開かれ、医院側は争う姿勢を示し請求棄却を求めた。

 訴状などによると、エレナさんは平成24年11月、同医院で無痛分娩により出産するため、腰に注射して局所麻酔薬を投与する「硬膜外麻酔」を受けた。直後に容体が急変。救急搬送先の病院で帝王切開により長女のみゆきちゃん(4)を出産したが、2人とも重度の障害を負った。

 原告側は、麻酔の針が本来より深い位置に達していたミスが疑われるほか、高濃度の麻酔薬を過剰投与したことが原因と訴えている。2人は現在も植物状態で24時間態勢の看護が必要だという。

 夫らは、医院の男性院長に対する業務上過失致傷罪の告訴状を京都府警に提出する意向を示している。

  


Posted by gerila at 18:56 裁判ニュース

2017年08月21日

籠池前理事長夫妻を詐欺罪で起訴…大阪地検

 学校法人「森友学園」(大阪市)の小学校建設を巡る国の補助金詐欺事件で、大阪地検特捜部は21日、学園の前理事長・籠池(かごいけ)泰典(64)、妻の諄子(じゅんこ)(60)両容疑者を詐欺罪で起訴した。

  


Posted by gerila at 22:40 裁判ニュース

2017年08月18日

(朝鮮日報日本語版) 国政介入:朴槿恵被告公判、騒いだ傍聴人

 朴槿恵(パク・クンヘ)前大統領の17日の公判で、検察に暴言を吐いて騒いだ傍聴人が初めて、法廷の秩序を維持するための監置を命じられ、拘置所に留置された。

 ソウル中央地裁は同日の公判終了直後、検事に向かい「お前も必ず処罰を受けることになる」などと言って騒いだ傍聴人K氏(54)に監置5日間の処分を下し、身柄をソウル拘置所に送った。監置は裁判所が暴言などで法廷の秩序を乱した人を拘置所などに強制的に留置する措置を指す。

 K氏は公判終了後の退廷する検事に対し、「内心は処罰できない。お前も必ず処罰を受けることになる」と叫んだ。これに対し、裁判長は「公判に先立ち法廷の秩序維持をお願いしたが、履行しないので、監置裁判を開く」と述べた。K氏は法廷の警備員に待機室へと連れて行かれる途中も検事に「お前ら全部銃殺だ」などと叫んだ。

 その後開かれた監置裁判でK氏は「検事は証人が心の中で抱いていたことまで処罰しようとしているが、それはおかしい。内心の欲望は処罰できないと言いたかった」と釈明した。

 ソウル中央地裁は「今回の事件は国民的関心が高い事件であり、騒乱行為が多く、法廷の秩序維持を特にお願いした。それにもかかわらず、K氏は検事の退廷時に暴言を吐き、裁判の威信を著しく損ねたので、監置を決めた」と説明した。

  


Posted by gerila at 17:14 裁判ニュース

2017年08月17日

京極夏彦×志水アキ、僧侶連続殺害事件を描く「鉄鼠の檻」コミカ

京極夏彦原作による志水アキ「鉄鼠の檻」1巻が、本日8月17日に発売された。

「鉄鼠の檻」は、京極の同名小説を原作としたコミカライズ作品。箱根の山奥に佇む謎に満ちた巨刹・明慧寺を舞台に、京極堂たちが箱根山連続僧侶殺害事件の謎を追う。稀譚舎(きたんしゃ)の編集者・中禅寺敦子は、赤井書房の鳥口守彦とともに取材のため箱根の旅館・仙石楼を訪れる。するとそこで僧侶の遺体を発見し……。本作は少年マガジンエッジ(講談社)にて連載中だ。

  


Posted by gerila at 18:36 裁判ニュース

2017年08月16日

タイ国王の報道FB共有は「不敬罪」 大学生に実刑判決

 タイ東北部コンケン県の裁判所は15日、ワチラロンコン国王の経歴に関する外国メディアの報道をフェイスブックで共有したことが不敬罪にあたるとして、コンケン大学の学生、ジャトゥパット・ブーンパタララクサ氏(26)に対し、禁錮2年6カ月の実刑判決を言い渡した。

 ジャトゥパット氏は、クーデター後の軍事独裁体制を批判してきたことで知られ、支持者らは軍政による不敬罪の乱用だとして反発していた。

 関係者によると、同氏は裁判で争ってきたが、15日に一転して罪を認めたという。争っても無罪になる可能性は低く、裁判が長引くだけと判断したとみられている。

 タイでは2014年5月のクーデター以来、不敬罪での摘発が急増。国際人権連盟(本部・パリ)などは今年5月、クーデター以降の3年足らずで不敬罪による逮捕者が100人を超えたと発表した。不敬罪が軍政への批判を封じるために利用されているとの批判も絶えない。(バンコク=貝瀬秋彦)

  


Posted by gerila at 09:53 裁判ニュース

2017年08月15日

テイラー・スウィフト、DJセクハラ裁判で勝訴 “1ドル”の賠

 人気歌手テイラー・スウィフトが現地時間14日、元ラジオDJのデビッド・ミューラーをセクハラで訴えていた裁判で勝訴し、要求通りの1ドル(約110円)を受け取ることになったという。Us WeeklyやE!Newsなどの海外メディアが伝えた。




 テイラーは2013年の公演後、取材に来ていたミューラーと記念写真した際にスカートの中に手を入れられ、お尻をつかまれたとして、ミューラーと裁判に発展。他の女性達に泣き寝入りしなくていいことを示すための裁判でもあったため、象徴的な意味で1ドルのみの懲罰的損害賠償を請求していた。
 
 現地時間10日には証言台に立ち、当時の状況を証言したというテイラー。E!Newsによると、陪審団は4時間の審議を経て全員一致でテイラー側の主張を認め、ミューラーが脅迫暴行したという評決を下したという。テイラーは勝訴後に声明を発表し、裁判官や陪審団、自身の弁護団らに感謝を述べると共に、「性的暴行の被害に遭いながら声を上げることのできなかった方々、そして特にこの4年間にわたる苦しい試練と2年間に及ぶ裁判をずっと支えてくれた皆さんに感謝します」とコメントしたという。

 テイラーは自分には裁判の莫大な費用をまかなえるだけの社会的地位や能力、特権があることを十分に承知していると述べ、「他の性的暴行の被害に苦しむ人々に手を差し伸べることが私の願いです。ですから近い将来、性的暴行の被害者の弁護を支援する複数の団体に寄付する予定です」と発表しているとのことだ。

  


Posted by gerila at 18:14 裁判ニュース

2017年08月14日

手作り潜水艦の所有者を殺人罪で起訴、沈没で女性不明 デンマー

【AFP=時事】デンマークで、手作り潜水艦の所有者の男が、この潜水艦に乗っていた女性ジャーナリストが潜水艦の沈没後に行方不明となっていることを受け、殺人罪で逮捕・起訴された。警察当局が11日、明らかにした。



 デンマーク人発明家のピーター・マッセン(Peter Madsen)被告は、大型の手作り潜水艦「ノーチラス号(Nautilus)」にスウェーデン人の女性ジャーナリストと乗っていたが、女性を見たのは10日遅くに首都コペンハーゲン(Copenhagen)にある島の端に女性を降ろしたときが最後だとして、起訴内容を否認している。

 コペンハーゲン警察の声明によると、ジャーナリストのパートナーは10日夜、女性がいなくなったと当局に通報した。

 デンマーク当局は11日早朝、同国とスウェーデンの間のエーレスンド海峡(Oresund Strait)で10日夜に行方不明となったと通報があったノーチラス号の捜索を行っていると発表した。

 2008年に建造され、手作りの潜水艦としては世界最大となるノーチラス号は、コペンハーゲンから約50キロ離れたケーエ(Koge)の湾内で10日正午前に突然、沈没した。

 マッセン被告は救助されたが、女性の痕跡は一切なかった。警察は直ちに女性の捜索を開始した。【翻訳編集】 AFPBB News

  


Posted by gerila at 09:53 裁判ニュース

2017年08月10日

米軍のトランスジェンダー排斥、現役米兵ら5人が違憲と提訴

 【ニューヨーク=上塚真由】心と体の性が異なるトランスジェンダーを米軍に受け入れないとしたトランプ米大統領の方針は憲法違反にあたるとして、トランスジェンダーの現役米兵ら5人が9日、トランプ氏らを相手取り、首都ワシントンの連邦地裁に提訴した。ロイター通信が報じた。

 性的少数者の権利を擁護する2団体が、原告5人を代表して訴状を提出。原告には10年を超える勤務経験を持つ人も含まれている。

 トランスジェンダーの対応をめぐっては、オバマ前大統領が昨年、米軍への受け入れを決定。以降、トランスジェンダーであることを公表して軍務に就くことが認められてきたが、トランプ氏は7月、ツイッターで「米軍に引き起こす混乱を容認できない」と方針転換した。

 米メディアによると、トランプ氏は米国防総省に正式な指示を行っていないが、原告側は「軍務を継続できるか原告を不安にさせ、具体的な損害を与えている」と主張している。

  


Posted by gerila at 09:37 裁判ニュース

2017年08月09日

米ディズニー、「ピンクスライム肉」訴訟の和解金は1.7億ドル

[9日 ロイター] - 米娯楽大手ウォルト・ディズニー<DIS.N>は、傘下のABCに対して食肉業者ビーフ・プロダクツ(BPI)が起こした訴訟で、BPIに1億7700万ドルの和解金を支払った。四半期決算報告で明らかになった。

BPIは2012年、ABCと同社記者がBPIの商品を「ピンクスライム肉(クズ肉)」という言葉で中傷したと主張。名誉毀損に当たるとして訴えた。ディズニーとBPIは今年6月に和解したが、和解の条件については明らかにしていなかった。

ディズニーは決算報告で、現金での支払いに追加の保険金を充てる意向を示した。決算では、1億7700万ドルについて「訴訟に関連した支払い」としており、「ピンクスライム肉」訴訟に直接紐付けられてはいないものの、ディズニーが報告書で明記している訴訟はBPIによるものしかない。

両社からのコメントは得られていない。

ABCは6月に発表した声明で、報道を支持すると主張。和解後、訴えられていた記者は同社として報道を撤回することも謝罪もしないと述べており、報道内容は現在も同社サイトに残っている。

  


Posted by gerila at 18:37 裁判ニュース

2017年08月08日

障害持つ息子殺害 母親に懲役4年の判決

 障害のある息子の首に、ビニールひもを巻き付けて殺害した罪に問われていた母親の裁判員裁判で、岐阜地裁は、母親に、懲役4年の実刑判決を言い渡しました。

 海津市平田町の伊藤綾子被告(75)は、去年12月、体に障害がある三男の誠さん(当時46歳)を、入院していた滋賀県内の病院から連れ出し、首にビニールひもを巻き付けて殺害した罪に問われていました。

 伊藤被告は、これまでの裁判で起訴内容を否認してきました。

 8日の判決公判で、岐阜地裁の鈴木芳胤裁判長は、「被告は、借金を、保険金と誠さんの遺産で返済しようと無理心中を考えた」などと指摘。

 その上で、「遺体の状況などから、被告がビニールひもで誠さんの首を圧迫したと認めるのが自然」と述べ、伊藤被告に、懲役4年の実刑判決を言い渡しました。

  


Posted by gerila at 18:38 裁判ニュース