司法制度、ボロボロじゃありません? 裁判員制度は失敗するわ、法科大学院は失敗するわ。最近、裁判所自体が、憲法違反していいと思ってるみたいですしね。

2017年10月12日

保釈中の被告が海外出国、判決公判に出廷せず

 覚醒剤約2キロを営利目的で所持したとして覚醒剤取締法違反などに問われ、保釈中の男が、水戸地裁で6日に予定されていた判決公判に出廷せず、海外に出国していたことがわかった。

 地裁は判決期日を延期するとともに、保釈決定を取り消し、保証金600万円を没収した。

 起訴状などによると、男は東京都葛飾区の自営業の被告(52)。昨年7月14日、自宅でビニール袋2袋に入った覚醒剤約2キロ(末端価格約1億4000万円)を営利目的で所持したとされ、検察側は8月14日の公判で懲役10年、罰金300万円を求刑していた。

 水戸地裁は今年3月15日に被告の保釈を決定し、被告は保証金600万円を納付していた。



同じカテゴリー(裁判ニュース)の記事
 朴槿恵被告、事実上の公判ボイコット 国選弁護人の選定へ (2017-10-20 09:38)
 電気料金徴収先で女性に抱きついた関西電力社員、不起訴 大津地 (2017-10-18 09:36)
 人工島、大田区が調停案拒否へ…訴訟の可能性大 (2017-10-17 18:37)
 「正当防衛」が認められるケースって? 傷害致死事件で男性に無 (2017-10-16 17:15)
 宗教法人の山に残土投棄の罪、建設会社役員に有罪判決 (2017-10-13 17:37)
 弁護側、最終弁論で無罪主張 青酸連続殺人結審へ (2017-10-11 17:36)